セフレを作るアプリはスマホでこっそりとH目的の相手探しができる

嫌々入った大学で何となく出会い系に依存していた頃出会った

 

>>セフレ募集|アプリ・掲示板等おすすめランキング『セフレ泉屋』
>>近所の人妻と会えるアプリを使う事で出会いまでの途を短縮できる

 

私の自宅は都内でしたが、大学生になったら一人暮らしをすると母に宣言していたので、単身赴任が終わった父と二人暮らしをしています。

 

母の過干渉の鎖から解き放たれた私は、まさに大学デビュー(笑)を済ませ、大学名を言うと「あんなお嬢様大学に行ってるの?」周囲から言われるのを内心せせら笑っていました。

 

周囲も昔から知ってる子ばかりでしたので、そこでは普通の女子大生を演じ、夜はキャバクラでバイトにはげむという2生活を送るようになりました。

 

キャバ嬢をやっていると男性との出会いもありそうなものですが、お店からお客様との恋愛はやめた方がいいと禁止されていましたし、学校では出会いもないことから、スマホで相手を探せるアプリに登録してみて、キャバ嬢のスマホのメールテクニックを駆使して幾人かの男性と会うことがありました。

 

そのなかで最も気も身体の相性も良かったのは、当時自分の会社を立ち上げたばかりのKでした。

 

Kは出会い系に登録しなくてもモテそうな容姿と性格の持ち主でしたが、仕事上男しかいない職場なので女性との出会いがないそうで、出会い系に遊び半分で登録したと言っていました。

 

Kとは仲良くなってすぐにエッチをするようになったのですが、前に付き合っていた彼は自己中な人で、嫌がってもアソコに指を入れてきて潮吹きするまでやめてくれない人で、痛いから何度もやめてと言っても「潮吹いた方が気持ちいいくせに」と明らかにAVの観過ぎだろうという、とんちんかんな返答をしてくる人で、その事がトラウマになっていて、あまりエッチ自体を楽しむことができなくなっていました。

 

何度かエッチをしても、あまり感じないし楽しそうでない私に対し「オレ下手かな?」と言う彼に、どうしようかと迷いましたが、思い切ってKに告白すると「そんな男の事忘れてよ」と言い、エッチの時には「どうして欲しい?」「これ気持ちいい?」と必ず聞いてくれるようになりました。

 

Kと何度もシテいるうちに少しづつ感じるようになってきて、ようやくイケるようになってみると、私達は相性がいいことに気づくようになり、会えばいつでもエッチをするようになりました。

 

現在Kは私の夫として、そして会社の社長として私の上司という立場ですが、あの時Kに出会ってなかったら相当スレた女子大生のままだったろうなとつくづく感じています。
東京都/20代/主婦

セフレを作るアプリはスマホでこっそりとH目的の相手探しができる記事一覧

私の夫は長男で、実家に住んでいるのですが、お姑さんの嫌がらせに会っています。その事を夫に話してもまともに取り合ってもらえず、私は不満が爆発しそうになりました。そこで私はこの事を誰かに聞いてもらおうと思い、出会いアプリを使い始めたのです。>>セフレを作るアプリはスマホでこっそりとH目的の相手探しができるしかし出会いアプリで会う男性は皆私の体が目的で、私の話などほとんど聞いてくれませんでした。出会いア...